京町家リノベーション(床)

簡単に済まそうと思えば、既存の2階床梁の上に、根太を敷けば床が完成するのですが、

それだと建物のひねりを吸収するところがないので、

長い目で見て、隙間、軋み音など、不具合が出ます。

少しでも減らすためと、床の構造体を強化するため、今回はスパンごとの床を作成して

対応しました。

大工さんの手間は何倍もかかりますが、いい仕事をしたい大工さんは不満の一つも言いません。

これで、ひねりは各床が吸収します。

さらに、断熱と強度を増すため、断熱材を構造合板でサンドイッチにしています。

あらゆる現場で採用してきた実績のある工法です。

IMG_0001 KIMG2190 KIMG2193 KIMG2185 IMG_0009